心への効果・効能

 

yjimageCANK1ZXO

 

 

メリッサは、レモンバームとも呼ばれ、はとてもポピュラーで育てやすいハーブとして親しまれています。レモンバームという別名のとおり、レモンに似た芳香をもち、スープの香り付けや、サラダ、ハーブティーなどに利用されています。メリッサというのは、ギリシア語の「ハチミツ」の意味であり、ミツバチを集めるハーブとしても有名です。このメリッサは、経口摂取すれば強壮作用があり、消化を助け、血圧を安定させる効果があることで有名ですが、その芳香によって心にも作用します。パニック、うつ、ヒステリーなどに対して、神経を落ち着かせ、陽気にさせる効果があります。特にパニックや不眠で悩んでいる場合は、神経や体のリズムを整える働きによって、じっくりと癒されていきます。体に優しく、ナチュラルに作用するので、特に神経が過敏になっている場合にはうってつけのハーブと言えるでしょう。メリッサは、アロマオイルも手に入りやすい上、入浴剤なども販売されておりますので、利用しやすいのも特徴です。体だけでなく、気持ちも疲れてしまったとき、イライラして何も手につかなくなったとき、メリッサの香りは、気持ちのわだかまりもリフレッシュさせてくれます